リモートワークをもっと便利に楽しく!バーチャルオフィス「oVice」とは?

 (更新日2022.09.20)
ブログ

「リモートワークで社内のコミュニケーション不足を感じている」

「バーチャルオフィスツールの導入は難しそう…」

リモートワークが普及し、バーチャルオフィスツールを導入する企業が増えています。

バーチャルオフィスツールの中でもoViceでは、リアルでの会話を意識した仕様でバーチャル空間でも立ち話のように気軽なコミュニケーションがとれるのが特徴です。

その機能は幅広く、ちょっと質問したいときの気軽な話しかけだけでなく、限定メンバーでの会議やビデオ通話、チャットまで対応できます。

また、アプリや機器の設定は一切不要で、PCやスマホから指定URLにアクセスすればすぐに利用可能です。

フルリモートワークの当社でもoViceを利用しており、朝のラジオ体操からチームMTG、ちょっとした相談事など、日々の業務に活用しています。

oViceは、全国各地にメンバーがいる当社にとってコミュニケーションツールとしても役立っており、コミュニケーション不足に課題を感じている企業にもおすすめです。

本記事では、oViceの特徴や料金プラン、機能について解説していきます。

oViceの3つのメリット

Web特命係 oViceスペース風景

まずはoViceのメリットについてご紹介します。

3つのメリット

  • 近づくだけで会話できる
  • 会議室はオープンでもクローズでもOK
  • イベントもできる

それぞれ順に解説します。

近づくだけで会話ができる

oViceのメリットとしてまず挙げられるのは、近づくだけで現実空間のように立ち話ができる機能でしょう。

アバターを動かして、近づいた人とだけ会話をすることができ、まるでオフィスにいるのと同じような感覚で利用できます。

バーチャル空間にいるメンバーに近づくと声が大きく、離れると声が小さくなるので、まさにリアルで会話している感覚に近いです。

この「立ち話」機能により、社内チャットなどではできなかった気軽なコミュニケーションができます。

使い方は、アバターを話しかけたい人に移動させて声をかけるだけ。円の範囲にお互いが入っていれば、実際に自分の声が相手に届くので、 現実空間で話しかける感覚に近いです。

会議室はオープンでもクローズでもOK

oViceでは、会議室の利用も可能です。

会議室は、鍵をかけて他のメンバーが参加できないようにすることも、鍵をかけずに自由に会議に参加できるようにすることもできます。

さらに、ワンクリックでビデオ通話もできるため、顔を合わせて話したい場合は、Zoomなどの他のツールを用意する必要もありません。

リモートワークでのMTG開催や大学のオンライン授業、コワーキングスペースのコミュニティとしての利用など、目的に合わせて多彩な使い方ができるのもoViceの大きな魅力といえるでしょう。

イベントもできる

話したいときに近づくだけでよいoViceは、説明会や展示会、社内親睦会などのイベントにも最適です。

イベントを開催するときに役立つ機能もoViceには揃っています。

例えば、スピーカー機能では、全体に伝えたいことをアナウンスできますし、サイネージ機能を活用すると、バーチャル空間内に動画や画像を表示させることもできます。

また、オフラインのイベントに苦手意識を持つ人にとっても、oViceであれば参加者の顔はアバターで表示されます。さらにコミュニケーションはとりたいときだけ行えばいいというメリットもあるため、気軽に参加できるでしょう。

oViceの料金プラン

oViceの料金プランについて以下の表にまとめました。

プラン名料金収容人数
Basic 月額5,000円 最大50名(推奨10名)
Standard 月額20,000円 最大200名(推奨40名)
Organization 月額50,000円 最大500名(推奨160名)

どのプランも即時にビデオ会議ができる機能やイベント時間無制限が使えるため、基本的な機能は変わりません。

そのため、メンバーの規模に合わせてバーチャル空間の面積や、サイネージの上限、会議室の定員によってプランを選択できます。

また、支払い情報の登録なしでトライアル利用ができるので、気軽に機能を試してみることが可能です。

このほか、イベント開催におすすめな単発利用の「oVice宴会プラン」が用意されています。

oViceの機能

ここからは、oViceの各機能についてご紹介します。

音声通話機能

音声通話機能は、マイクをオンにして話しかけたい相手に近づくだけで会話できます。

音声通話の参考

oViceの音声通話は実際に会話しているようなリアルさが追求されているため、お互いの距離や向いている方向によって音量が変化する仕様になっています。

リモートワークではチームのコミュニケーション不足が課題としてあげられていますが、oViceの音声通話機能では、立ち話といった日常的なコミュニケーションも促進することが可能です。

チャット機能

チャット機能では、バーチャルオフィスにいるメンバー同士でチャットを送り合うことが可能です。

チャットは全体宛てに送ることもできますが、送り先を指定することもできます。

チャット機能の参考

送り先を指定するときには、@を押してチャットを送りたいメンバーを指定します。

チャット機能は、会議中で参考資料やURLを共有するときにも有効です。

会議室機能

oViceでは、特定のメンバーだけの会議や個人情報を含むやり取りをしたいときに会議室機能を活用することができます。

会議室の参考

会議室には鍵をかけることで外部から他のメンバーは入れなくなります。また、会議室内の音声による会話は外部に聞こえない仕様になっているので、機密事項を扱う会議なども安心して開催することができます。

会議室へは、バーチャル空間の会議室にアバターを移動させるだけで入室可能です。

普段のやり取りはチャットや音声通話を用い、特に必要な場合は会議室を利用するとよいでしょう。

ビデオ通話機能

oViceのビデオ通話機能はWebカメラを通して会話できる機能です。

ビデオ通話はバーチャルオフィス内ですぐに開始可能なため、特に会議前の準備やURL発行などの手続きは必要なく、その場ですぐに会議を開くことができます。

画面共有機能

会議室やビデオ通話を利用するときに便利なのが画面共有機能です。

画面共有の参考

画面共有機能では、資料の説明などを画面上で行うことができるため、会議中やビデオ通話中にシームレスに共有できます。

レイアウト変更

oViceのバーチャルオフィスは自由にレイアウトを変更できます。

リモートワーク中は常時oViceに入室しているため、代わり映えのしない画面よりも定期的にレイアウトを変更するのがおすすめです。

たとえば、季節やイベントに合わせてレイアウトを変更することで、メンバーの気分もリフレッシュし、仕事のモチベーションアップにもなるでしょう。

まとめ

oViceは、リモートワークでのコミュニケーション不足の解消や限られたメンバーのみの会議、社内のオンラインイベントにも活用できます。

アバターを自由に動かして立ち話や画面共有などを行えるといった現実の空間のように利用できるoVice。

当社でもoViceを活用しており、ご希望の方には当社のスペースの見学も受け付けております。

oViceの導入サポートもしておりますので、お気軽にお問い合わせください。

Web特命係で業務改善しませんか?

オンラインアウトソーシングならWeb特命係

日々の業務で、このようなお悩みはありませんか?

  • 人事や事務作業など、本業以外のタスクに追われる社員がいる
  • 経理担当社が急に退職してしまって変わりの人材が今すぐ必要
  • でも人を雇う時間とコストは掛けられない

Web特命係のオンラインアシスタントサービスは、このようなお悩みを抱えている方にピッタリのサービスです!

オンラインアシスタントであれば、正社員を雇うのに必要な社会保険、採用コスト、教育コストも一切不要。料金は実働課金のため、大幅にコストを抑えることができます。

特にWeb特命係は、以下の点で多くのお客様に選ばれています。

Web特命係が選ばれる理由

  1. 日本中の優秀なアシスタントがフルリモートで業務を代行
  2. 専属のディレクターが速やかにチームを組んで最短2日後からサポート開始
  3. 業界最安級の15,000円から利用可能
  4. 契約期間も1ヶ月からなので必要なときに必要な分だけ依頼できる

社員じゃなくてもできる仕事は、Web特命係のオンラインアシスタントが必要なときに必要な分だけバックアップします。ぜひこの機会にWeb特命係のオンラインアシスタントサービスの導入をご検討下さい。

CONTACT
お問い合わせ

まずはお話をお聞かせください