記帳代行サービスとは?メリットや選定のポイント、おすすめサービスを紹介!

 (更新日2022.09.12)
ブログ
  • 「記帳業務に時間がかかりコア業務に集中できない…」
  • 「記帳代行サービスってどうなの?」
  • 「記帳代行サービスを選ぶときのポイントは?」

記帳は、決算や確定申告に関わる重要な業務です。

重要な業務ではあるものの、日々の記帳業務は煩雑で細かな作業で、さらに経理の知識も求められます。

ただ、多忙になりすぎてしまい、本来やるべき仕事を圧迫していたり、経理担当者が不在になってしまった時にはどうすればよいでしょうか。

まず候補として新たに人材を採用することが思い浮かぶかもしれませんが、記帳代行サービスの利用も一つの手段といえます。

そこで本記事では、記帳代行サービスについて、メリットや選定する際に気をつけるポイント、おすすめの記帳代行サービスについて紹介していきます。

記帳代行とはどんなサービス?

記帳代行とは、帳簿作成業務を代行するサービスのことです。

補足:記帳について

記帳・・・企業活動の中で生じた売上や経費を帳簿に記録すること

帳簿には決算や確定申告、さらに経営状況を把握する上で重要なデータが記録されるため、企業にとっては欠かせない重要な業務の一つです。

ただ、以下のような難点もあります。

  • 時間と労力がかかる
  • 簿記の知識がないとミスが起こりやすい
  • 人手がないと他の業務との兼務で多忙を極める

これらの課題は、記帳代行サービスに依頼することで解決できます。

記帳代行サービスは、主に税理士や会計事務所が担当するケースが多いですが、記帳代行を主な業務としている会社もあります。

料金やサービス内容を比較検討して自社に合った記帳代行サービスを探すとよいでしょう。

記帳代行サービスを利用するメリット

記帳代行サービスを利用するメリットは以下の2つです。

メリット

  • 社員がコア業務に集中できる
  • コスト削減につながる

記帳代行サービスを利用することで、煩雑で細かな作業が求められる記帳業務の負担が大幅に減少します。そのため、社員が自社の売上に直結するようなコア業務に集中できるのです。

しかし、専任の経理担当者を雇う余裕がない場合や不在になってしまった場合には、新たに人を雇い入れる必要がでてくるでしょう。

その場合、多くの採用コストや教育コストが発生しますが、記帳代行サービスを利用することで、そのコスト削減にもつながります。

また、記帳代行サービスの会社は、経験豊富な人材が集まっていますので、迅速かつ正確に対応してもらえるというメリットもあります。

記帳代行サービスを選定するときのポイント

記帳代行サービスを選ぶ際に気をつけるポイントは以下の3つです。

ポイント

  • 料金体系が分かりやすいか
  • 記帳スタッフの実績はどれくらいか
  • セキュリティ体制はどのようになっているか

それぞれ以下で解説します。

料金体系が分かりやすいか

料金体系が分かりやすいというのは重要なポイントですよね。

従量課金の場合、「仕訳数に応じた料金か」「初期費用はかかるか」「オプション料金はいくらか」など、しっかり把握してから契約しないと想定とは全く違う金額を請求されてしまうことも。

その点、料金が事前に把握しやすい業者は把握しにくい業者に比べて優れているといえます。

設定金額は安いが、後からいろいろなオプションがつき、最終的には高くついてしまったということにならないように、料金設定はしっかりと相談してから決めることが大切です。

記帳スタッフの実績はどれくらいか

記帳代行サービスを利用する際には、記帳業務を担当するスタッフの実績を確認しておくことも重要です。

記帳作業だけなら税理士資格は必要ありません。しかし、記帳は節税にも関わってきますので後々のリスクを考えて、経理の実務経験や簿記の資格を保有しているスタッフが在籍する会社を選ぶようにしましょう。

セキュリティ体制はどのようになっているか

記帳代行を依頼するには請求書や領収書など会社の重要な機密情報を送る必要があります。

そのため、依頼する記帳代行サービス会社のセキュリティ体制についても、あらかじめ確認することが重要です。

これはインターネットのセキュリティ対策だけではなく、記帳するスタッフとサービス会社が機密保持契約を結んでいるかも含めて判断するようにしましょう。

おすすめ記帳代行サービス

ここでは、おすすめ記帳代行サービス5社について、それぞれご紹介します。

検討される際のご参考になさってください。


経理外注・記帳代行センター

経理外注・記帳代行センターは、マクシブ総合会計事務所が運営する経理代行サービスで、中小企業を中心に幅広い業界の経理や記帳のサポートをしています。

領収書や請求書、通帳コピーを送るだけで、あとは丸投げできるサービスが特徴です。

料金プラン

  • 50仕訳以内:5,500円/月 (部門別+2,200円/月)
  • 100仕訳以内:11,000円/月(部門別+4,400円/月)
  • 200仕訳以内:22,000円/月(部門別+8,800円/月)

など、各仕訳数に応じて料金体系が異なります。

MAXで250仕訳までですが、それ以上の場合は以下の料金となります。

  • 251仕訳以上:100仕訳増加毎に+11,000円 (部門別の場合は、50仕訳増加毎に+2,200円)

ライト・コミュニケーションズ

ライト・コミュニケーションズは、2001年に設立された記帳代行・経理代行の会社です。

税務業務を担うライト税理士法人と社労士業務を担うライト社会保険労務士法人が連携を取り合い、経理・給与・総務・人事・労務・税務・会計のワンストップサービスを提供しています。

料金プラン

  • 初期登録料:25,000円

月額記帳料

  • 200仕訳まで 25,000円
  • 200仕訳以降 50仕訳ごとに、6,250円

メリービズ

メリービズ(Merry Biz)は、バーチャル経理アシスタントサービスで、簿記2級以上と豊富な実務経験を持つ経理スタッフがチーム制でクライアントの業務をサポートします。

また、経理コンサルもしており、将来的に内製化したい企業にもおすすめです。

料金プラン

  • 事業規模に応じて見積もり

フジ子さん

フジ子さんは、フジア株式会社が運営するオンラインアシスタントサービスです。

記帳以外の事務もサポート可能で、料金は時間制で、月20時間からのサポートとなります。

料金プラン

  • PLAN20: 47,000万円/月(利用可能時間:20時間/月)
  • PLAN30:69,000万円/月(利用可能時間:30時間/月)
  • PLAN50:99,000万円/月(利用可能時間:50時間/月)

※一週間2時間のトライアルプランもあり

Web特命係

Web特命係は、記帳代行などの経理業務や、書類作成などの事務全般、Webサイト構築などのクリエイティブ業務まで、お客様が「本来すべき仕事に集中できる環境」作りをサポートするオンラインアシスタントサービスです。

経理実務経験3年以上の実績ある優秀な担当者が多数在籍しており、チーム体制で業務をサポートします。

料金プラン

  • 都度見積もり:3,000円~
  • 特命係mini:13,500円/月(利用可能時間:5時間/月)
  • 特命係Light:25,000円/月(利用可能時間:10時間/月)
  • 特命係:50,000円/月(利用可能時間:20時間/月)

※20時間以上のご利用も可能

まとめ

縁の下の力持ちとして、日々の記帳業務を代行する記帳代行サービス。

記帳代行サービスを利用することで、社員がコア業務に注力でき、コスト削減にもつながります。

記帳代行サービスの事業者はたくさんありますが、サービスの特徴や料金、提供される業務内容から自社に合う事業者をよく吟味するとよいでしょう。

Web特命係のオンラインアシスタントサービス

オンラインアウトソーシングならWeb特命係

日々の業務で、このようなお悩みはありませんか?

  • 人事や事務作業など、本業以外のタスクに追われる社員がいる
  • 経理担当社が急に退職してしまって変わりの人材が今すぐ必要
  • でも人を雇う時間とコストは掛けられない

Web特命係のオンラインアシスタントサービスは、このようなお悩みを抱えている方にピッタリのサービスです!

オンラインアシスタントであれば、正社員を雇うのに必要な社会保険、採用コスト、教育コストも一切不要。料金は実働課金のため、大幅にコストを抑えることができます。

特にWeb特命係は、以下の点で多くのお客様に選ばれています。

Web特命係が選ばれる理由

  1. 日本中の優秀なアシスタントがフルリモートで業務を代行
  2. 専属のディレクターが速やかにチームを組んで最短2日後からサポート開始
  3. 業界最安級の15,000円から利用可能
  4. 契約期間も1ヶ月からなので必要なときに必要な分だけ依頼できる

社員じゃなくてもできる仕事は、Web特命係のオンラインアシスタントが必要なときに必要な分だけバックアップします。ぜひこの機会にWeb特命係のオンラインアシスタントサービスの導入をご検討下さい。

CONTACT
お問い合わせ

まずはお話をお聞かせください