Webマーケティング運用とは?メリットと必要性、段階別の施策を解説

 (更新日2022.10.28)
ブログ
  • 「Webでの認知拡大や集客にも力を入れたい」
  • 「Webマーケティングでは何ができるのだろう」
  • 「課題に合わせたWebマーケティング運用をしていきたい」

誰もがスマートフォンを持ち、インターネットを介して情報を取得する現代において、自社のビジネスを成功させるにはWebマーケティングは欠かせない施策といえます。

本記事では、Webマーケティングについてメリットや必要性、段階ごとに取り組むべき施策について解説します。

そもそもWebマーケティングとは?

Webマーケティングとは、WebサイトやWebサービス媒体で認知を獲得し、成約につなげていく活動のことを指します。

自社の商品・サービスをより多く売るためには、「どんな商品・サービスか」「どんな特徴があるのか」「どこで買えるか」などを多くの人に知ってもらう必要があります。

たとえばWebマーケティングでは、

  • ユーザーがどのページを何回みたのか
  • どれくらいの時間滞在していたのか
  • どの経路(SNSやWeb広告など)から申込に至ったのか

などをデータとして把握でき、効果検証がしやすいという特徴があります。

データをもとに、誘導の仕方や情報の見せ方などを改善しながら、集客や販売の実績を上げていけるのがWebマーケティングの強みなのです。

メリット

Webマーケティングに取り組むメリットは、以下の3つです。

メリット3つ

  • 多くの顧客に向けてアプローチできる
  • ターゲットを絞ったリーチができる
  • マーケティングのコストを抑えられる

Webマーケティングは、インターネット環境が整っていれば、どんな地域にも情報を届けられるため、より多くの顧客に向けてアプローチできます。

また、ユーザー像を細かくターゲティングできるため、購入確率の高いユーザーに向けてアプローチできるという点も魅力です。

さらに、Webマーケティングは低コストで始められる上にPDCAを回しやすいため、費用対効果の高い手法といえるでしょう。

必要性

Webマーケティングが必要とされる背景には、インターネットの普及による社会環境の変化が挙げられます。

インターネットの普及により、ECサイトやネットショッピングが一般的になり、集客や販促を行う側もインターネットを活用するマーケティングが求められるようになりました。

また、Webマーケティングは、従来の広告手法よりも大きなコスト削減が可能です。

さらに、施策の効果を見ながら改善していけるため、小さくスタートし徐々にコストをかけるという進め方もできます。

ほとんどの人がインターネットを通して買い物をするのが当たり前になった現代においては、企業がWebマーケティングに取り組むことは必須であるといえるでしょう。

段階別|Webマーケティング施策について

Man touching a web marketing concept on a touch screen with his finger

Webマーケティングの段階は、「集客」「コンバージョン獲得」「再販促進(リピート)」の3つに大別されます。

段階ごとに取り組むべき施策は以下のとおりです。

集客施策

  • SEO対策
  • 運用型広告
  • SNS運用

コンバージョン施策

  • サイト改善
  • EFO

リピート施策

  • メールマガジン
  • LINE公式アカウント

各施策の詳細について、それぞれ詳しく解説します。

SEO対策

SEO対策は、Webマーケティングの集客手法の中でも定番の一つです。

補足:そもそもSEOとは?

「Search Engine Optimization(検索エンジン最適化)」の略

自社サイトがGoogleなどの検索エンジンによって上位表示されることを狙い、コンテンツを最適化すること

検索結果において上位表示されるWebサイトはクリックされやすいため、SEO対策は自社サイトへのアクセス数を増やす上で重要な施策となります。

まずは、検索上位に表示されることによるアクセス数アップを目指し、コンバージョンや商談の数を増やすフェーズへと進みましょう。

運用型広告(リスティング広告・ディスプレイ広告、SNS広告など)

リスティング広告やディスプレイ広告、SNS広告に代表される運用型広告は、リアルタイムで入札額や広告素材などを変更・改善しながら広告配信できるのが魅力の手法です。

たとえば、リスティング広告では、SEOのように長く時間をかける事もなく、瞬時に然検索よりも上の位置に広告を表示させることができます。

また、ディスプレイ広告などのバナー広告を活用すれば、GoogleやYahoo!の提携サイトに自社サイトへの導線を設けることが可能です。

さらにターゲティング機能を活用することで、潜在層にもアプローチできます。

最近では、SNS広告を導入する企業が増えており、検索エンジンで拾いきれなかったSNSユーザーの獲得に活用されています。

SNS運用

SNS運用は、自社のSNSアカウントを作り、投稿やユーザーとやり取りをしていくことで、認知拡大やイメージアップを図る手法です。

メディアの主流がSNSへと移ってきていることから、多くの企業が自社のブランディングに活用しています。

サイト改善(LPOやA/Bテスト)

サイト改善では、LPOやA/Bテストを行うことで、ユーザーが申込や購入したくなるようなサイトに改善していきます。

LPO(Landing Page Optimization)とは、ランディングページ最適化のことです。

ユーザーが広告や検索結果から最初に到達するページ(ランディングページ)の品質を高めることでコンバージョン獲得を目指します。

もし、サイトに訪問する人が多くても購入にまで至っていない場合は、LPOを実施する必要があります。

LPOを実施する際によく導入されるのがA/Bテストです。

A/Bテストとは、ある部分を変更したAパターン、Bパターンを作成し、どちらが高い成果を出せるか検証をすることです。

LPOを実施する場合は、元のページとのA/Bテストを行うことをおすすめします。

EFO(問い合わせフォームの最適化)

EFO(Entry Form Optimization)とは、入力フォーム最適化のことで、問い合わせフォームをユーザーが入力しやすいように改善する施策です。

ユーザーがランディングページから申込フォームまで移動したのに、離脱してしまうことが多い場合にはEFOを実施しましょう。

メールマガジン

リピーター獲得には、Webサイトを通じてメールアドレスを獲得したユーザーにメールマガジンを配信する施策が効果的です。

新商品や新サービス、季節ごとの期間限定商品など、お得な情報や有益な情報をユーザーに届け、接点を持ち続けることでリピートの獲得につなげます。

LINE公式アカウント

LINEの公式アカウントを使って、友だち追加をしてくれたユーザーに継続的に情報を届けることで、リピートの獲得が可能です。

スマートフォンユーザーのほとんどがLINEアプリを利用しているため、最近ではLINE公式アカウントを活用する企業が増えています。

とくにBtoCの店舗ビジネスにおすすめで、メールマガジンでの反応が悪くなってきた場合などLINE公式アカウントの導入で改善するケースもあります。

まとめ

今回は、Webマーケティング運用についてメリットや必要性、段階別の施策までご紹介しました。

今や自社の商品やサービスの認知拡大や売上アップに、Webマーケティングは必要不可欠な施策です。

本記事でご紹介した段階別のWebマーケティング施策を参考に自社に合う手法をぜひ探してみてください。

ただ、Webマーケティング施策は多岐にわたっており、求められる知識やスキルも日々変わっていきます。

もし、「自社でWebマーケティングを始めてみたものの、なかなか成果につながらない」という場合には、Webマーケティングの運用代行サービスの活用もおすすめです。

もしWebマーケティング運用についてお困りごとがありましたら、お気軽にWeb特命係にご相談ください。

Web特命係で業務改善しませんか?

オンラインアウトソーシングならWeb特命係

日々の業務で、このようなお悩みはありませんか?

  • 人事や事務作業など、本業以外のタスクに追われる社員がいる
  • 経理担当社が急に退職してしまって代わりの人材が今すぐ必要
  • でも人を雇う時間とコストは掛けられない

Web特命係のオンラインアシスタントサービスは、このようなお悩みを抱えている方にピッタリのサービスです!

オンラインアシスタントであれば、正社員を雇うのに必要な社会保険、採用コスト、教育コストも一切不要。料金は実働課金のため、大幅にコストを抑えることができます。

特にWeb特命係は、以下の点で多くのお客様に選ばれています。

Web特命係が選ばれる理由

  1. 日本中の優秀なアシスタントがフルリモートで業務を代行
  2. 専属のディレクターが速やかにチームを組んで最短2日後からサポート開始
  3. 業界最安級の15,000円から利用可能
  4. 契約期間も1ヶ月からなので必要なときに必要な分だけ依頼できる

社員じゃなくてもできる仕事は、Web特命係のオンラインアシスタントが必要なときに必要な分だけバックアップします。ぜひこの機会にWeb特命係のオンラインアシスタントサービスの導入をご検討下さい。

CONTACT
お問い合わせ

まずはお話をお聞かせください